書籍「夢をかなえるゾウ2」を読んだ



3が発売されて、2が文庫本になったので、購入。
賛否両論ある2を読んだ感想です。

所感

純粋に面白いと思いました。
自己啓発本というより、寓話という感じですね。

硬い文章にアレルギーがある方にも読みやすいと思います。

自己啓発本として

自己啓発本の内容としては、目新しさがあるとは、思いませんでしたが、過去に読んだ自己啓発本や、前作の内容を再認識できます。

小説になっているので、実践的にどうすれば良いのかというところが、伝わりやすいですね。

Amazonの評価を見ると・・・

Amazonの評価ではかなり辛辣な意見が多く、読み始めるまでは不安でした。
(前作からの期待からか、不思議なほど否定的な意見が多い気がします。)

ただ、読み始めてみるとやはり、面白い。

ガネーシャは、よりいっそう個性的になっているし、新たな個性的なキャラとして貧乏神が登場します。

さらに、お釈迦様やその他の神々が出てきて・・・いろいろな事を繰り広げます。

評価の中では、やはり、目新しい内容が無いという意見は多いですが、自己啓発本なんてそういう本も多いですし、もっというと、前作もそうであったように思います。
(自己啓発本は、基本同じような内容を現代風にアレンジしたり、書き方を工夫してより伝わりやすくしている、というのが多いと思います。)

まとめ

前作でガネーシャが好きになり、今作で貧乏神も好きになりました。
ただ、お釈迦様はあまり好きになれないなぁ。
(※あくまでもこの本の中での話です。)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
netamono.では、記事についてのコメントを募集しています。 この記事について、何か気になるところがあれば、お気軽に下の掲示板、または、公式Twitterへどうぞ。
カテゴリー: レビュー, 仕事術, 書籍 パーマリンク