当たって砕けろ精神



ダメかも知れないが、1%でも望みがあればやってみる!

こういう精神て重要だと思うんです。

この記事を書こうと思った発端は、「ハム速」さんのこの記事。

【相撲】伊藤爆羅騎くんが1日で7センチ伸び新弟子検査の合格基準を達成wwwwwwwwwwwww 

この方、現在はどうなっているか知りませんが、すごいですね。
写真でも分かるように、明らかに条件をクリアしていないのですが、最大限の努力をした上で、「当たって砕けろ」です。

何がすごいのか

そもそも、身長に制限があるのが変だとは思うのですが、普通、諦めますよ。
しかも、もっともっと前に。

この方は、条件を満たしていないにも関わらず、ずっと頑張ってきたわけです。
そこがすごい。

基準を満たしているが適当な人、基準をちょっと満たしていないが最大限の努力をしている人、どちらを選ぶか、そりゃ、後者ですよ。

これだけ頑張れば、そりゃ、だれでも合格出しますよ。

当たって砕けろ

最近、こういう根性がどうこうというのは、見なくなってしまいました。
少なくとも私の周りでは。

で、こういう「当たって砕けろ」精神って意外と大事だと思うんですよ。
まあ、当たって本当に無惨に散ったら、それはそれでショックを受けるし、落ち込むとは思うんですよ。

でも、きっと後悔が残るんですよ。

「やっておけば」「せめて試しておけば」「よかったのに・・」ってね。

とにかく試す

試して損はないです。

今回のこのニュースだってそうです。
たとえ、基準を満たしていなくて、合格できなくても失う物は無い。

だから、ダメかもと思っても「当たって砕ける」んです。

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
netamono.では、記事についてのコメントを募集しています。 この記事について、何か気になるところがあれば、お気軽に下の掲示板、または、公式Twitterへどうぞ。
カテゴリー: 思う事 パーマリンク