思考を残す、ということ



考え事をするとき適当な紙に思った事を書いて考えをまとめる、ということはよくやる事だと思います。
考えがまとまったら、パソコンに向かって清書します。
考えがまとまった美しい資料ができました。

さて、適当な紙に書いた殴り書き、捨てますか?

(最初にお断りしますが、この考え方は筆者のものです。)

捨ててしまおう・・・

いろいろ書いた汚い紙、清書したから不要ですよね?
だったら捨ててしまいましょう。
清書した資料があるので、捨てても問題ないはずです。

清書した美しい資料を使って、会議したり、プレゼンしたり、営業したり、完璧です。

数日後、とある人から質問されました、「これって、なぜこういう考えなんですか?」

「えっ・・・と」

困りました。覚えていないのです。なぜこの考えになったのでしょう。

そうだ、あの紙、考えるときに使ったあの殴り書き、あれさえあれば、思い出せるのに・・・。

失敗の原因

考えをまとめて資料を作成しましたが、これには、「なぜ、こうなったか」を書いていませんでした。
作成した資料にそもそも「なぜ、こうなったか」を書けていれば、こういう問題に当たりません。

資料によっては、「なぜ〜」を書けない場合もあります。
プレゼンなどで簡潔にまとめる必要がある場合などです。
こういったときには、「あの紙」を残しておくしかありません。

また、資料を読み返したりして、自分で疑問が出てくる場合もあります。
そういう場合、再度、同じ考えを巡らせて、同じ結論にたどり着く必要があったりします。 やはり「あの紙」があれば、 かなり無駄な時間を過ごさずに済みます。

思考を残す

という訳で、筆者は必ず「あの紙」を残しています。
考えをまとめるときでも、手帳に作った「検討用」ページ群にいろいろ書いて、考えをまとめます。
後から見返す場合も便利ですし、古くなって不要になったら外して保管します。

「思考を残す」みなさんも試してみては、いかがでしょうか。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
netamono.では、記事についてのコメントを募集しています。 この記事について、何か気になるところがあれば、お気軽に下の掲示板、または、公式Twitterへどうぞ。
カテゴリー: 仕事術, 思う事, 手帳術 パーマリンク