一冊の手帳に仕事とプライベートを混ぜて記入する



netamono.式手帳術では、仕事の事もプライベートの事もすべて一冊の手帳に書き込むことを推奨しています。

そのメリットと4色ボールペンを使って書き分ける方法を紹介します。

メリット

一貫したスケジューリングができる

仕事もプライベートも同じスケジュールに書き込むので、仕事とプライベートのバランスをとる事ができます。

予定のバッティングを避けることもできます。

思いついた時にメモを取れる

一冊の手帳にするといつでもメモが取れます。
仕事中にプライベートでやることを思いつくこともあるでしょう。

そんな時にサッとメモができて、忘れてしまうような事がありません。

 いつでも重要なメモを見られる

メモを取る時と同じ様に、見る時にも同じことが言えます。

方法

簡単です。

4色ボールペンを使ってそれぞれのカテゴリを書き分けるだけです。

筆者の場合だと、以下のとおり。

  • 仕事→黒
  • プライベート→青
  • 重要なポイント→赤
  • 締め切り→赤
  • 思いついたことや補足→緑

あと、気分が乗っている時は万年筆を使います。

色で書き分けるので、パッと見てわかりますし、カラフルで見やすくなります。

デメリット

一緒に書く事によるデメリットも少しあるので、記載しておきます。

万が一、手帳を落とした場合、かなり多くの情報を失うことになります。また情報漏洩にもつながります。

あと、複数の客先の情報など、気をつけないと別会社の情報を漏らしてしまうことにもなります。これは、ページを分けるなどして、対処すれば良いでしょう。

最後に

いかがでしょうか。

一冊の手帳に仕事もプライベートも記載する。
使い方を間違えない限りは、とても効果的な手段です。

ぜひ、お試しください。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
netamono.では、記事についてのコメントを募集しています。 この記事について、何か気になるところがあれば、お気軽に下の掲示板、または、公式Twitterへどうぞ。
カテゴリー: 手帳術 パーマリンク