A5サイズだけどちょうど良いサイズのシステム手帳「タタンカ」



管理人であるmamemoyashi(筆者)は、システム手帳を使用しています。

システム手帳といっても、多くありますが、筆者が使用しているのは、A5サイズのタイプ。

アシュフォードさんの「タタンカ」というモデルを使用していますので、そのレビューです。

はじめに

まず、商品説明は、こちら

筆者は「ブラック」を使用しています。

使った感じとしては「良い」です。
いままで使ったシステム手帳で、最高の使い心地です。

カテゴリ分けして細かく見ていきましょう。

デザイン

デザインは、シンプルです。

公式サイトを見ていただくと分かりますが、表紙から背表紙、裏表紙まで 1枚の革でステッチも端にしかありません。

人によってはシンプルすぎると感じるでしょう。

手帳を開くと、19mmリングとポケット類。表紙裏側のポケットのみ茶色の革が使用されていて、アクセントとなっています。

ポケットも十分な数が揃っており、また、リングが当たる部分には当て革をしてあるのも丁寧さを伺えます。

ステッチやエッジの処理も丁寧に感じました。
(意外と重要なところで、安価なシステム手帳バインダーや革製品では、糸が太く、この処理がすごく雑なのです。これが雑だと耐久性や使用感に大きく影響します。)

ペンホルダーは2つ。
左右の表紙に収納可能なかたちで付いています。
段差があるので、ペンを両方のペンホルダーに刺して閉じることができます。

素材

革です。
ものすごく革です。

通常のこういう手帳等は、内側に少し固い「芯」の素材があり、その上に綿っぽいもの、表面が革という感じなのですが、このタタンカは、全体が「革」という感じです。

重量もありますが、革独特の匂い、手触りを楽しむ事ができます。

また、革のしっかり感から、とても安心感があります。

つやのある革を使用している物が多いなか、これはつやがあまりありません。
革の素材を活かした、生々しい作りとなっています。

1点難点があるとすれば、表紙の固さ。

表紙が革のみなので、芯がありません。
芯が無いため、しなります。
立ったまま書く時などは、すこし注意が必要です。

サイズ

A5サイズのシステム手帳なのですが、通常のA5サイズのシステム手帳より一回り小さい感じです。

どういうことかいうと、通常のA5サイズ手帳は、閉じたときに表紙に少し余裕があるのですが、タタンカはほとんど余裕がありません。

この少し小さいサイズが、いままで使っていた中にはなく、非常に使いやすい、筆者はまさに「ちょうど良い」と感じました。

ただ、A5用紙を収納できるフォルダを使うと少しはみ出てしまいますが。

この手帳、リングサイズが19mmととても特殊なサイズです。
(通常は、10mm、15mm、20mm、25mm、30mm、40mm)

この19mmが絶妙で、分厚すぎず、ある程度の容量も確保されています。
また、手帳を開いたときの、リング部分の隙間があまり発生しないのも良いです。

ページをめくる際には、ページ同士が少し緩衝しますが、筆者は、「かどまる」で回避しています。



メンテナンス

全体的に革が分厚い感じなので、安心感があります。
つやのない感じなので、傷がつきますが、すぐに目立たなくなります。

ただ、革ですので、クリームを塗ってコーティングし栄養分を補給する必要があります。
(展示しているお店もありますので、見てみてください。展示されている物は全くつやがなく、傷だらけです・・・。)

アシュフォードさんに問い合わせたところ、純正のクリームが使用できるとのことでした。

純正クリームは楽天で購入できます。
No5011-000アシュフォード  レザーケア 保護クリームNo5011-000 【RCP】

全体として

使用感はかなり良いです。
A5サイズなのに、少し小さいというところが、とても良く気に入っています。
今のところ、これが壊れても、筆者は同じ物を購入するでしょう。
それくらいバランスが取れています。

少し値ははりますが、長く使える一品だと感じました。

タタンカは楽天でも購入できます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
netamono.では、記事についてのコメントを募集しています。 この記事について、何か気になるところがあれば、お気軽に下の掲示板、または、公式Twitterへどうぞ。
カテゴリー: レビュー, 手帳 パーマリンク