Apple Watchを約1週間使って分かってきたこと



約1週間使用したので、使用感(主に良くなかったところ)を書こうと思います。

良くなかったところ

日なたでは見にくい

Apple Watchの画面は、直射日光が当たると極端に見にくいです。

iPhone等のように、明るさに応じて画面の明るさが変化する仕組みがあれば嬉しいと思いました。

置いて使えない

通常の腕時計であれば、時間を気にする作業や、作業に集中したいとき、腕がつかれた時に、腕時計を外してテーブルに置き、置き時計のように使用できます。

しかし、Apple Watchでは、なにか操作(画面をタッチしたり、揺すったり)をしないと文字盤が表示されないため、置き時計的に使うことができません。

※大抵の場合はPCの画面に時計がある、と言うのはわかるのですが、筆者はアナログ時計で感覚的に時間の進み具合や残り時間を見るので、PCのデジタル時計ではダメなのです。(PC画面のアナログ時計は、なぜか見にくくて使えない。)

充電器が大きくて持ち運びにくい、マグネットで吸着する仕組みなのでカバンの中で充電することはできない

マグネットで吸着する充電器は一長一短です。

手軽に充電開始できる反面、取れやすく充電中の扱いが難しいです。

バッテリーが減ってきて、モバイルバッテリーで充電しようとしても、マグネット式なので移動中の充電はできずに、落ち着いた場所での充電しかできません。

ケーブルの先が大きいのも良くないです。

これは、将来、積極的に使用するようになって、バッテリー消費が激しくなるとネックになりそうです。

腕の角度で文字盤が表示されるので、場合によってはタップしないと見られない

Apple Watchは普段は、画面が表示されていません。

腕に装着した状態で、腕を上げると角度によって画面が表示されて、時間や通知を見ることができます。

よく出来ているとは思いますが、角度によっては自動で表示できず、画面をタップしたりする必要があります。

片手では操作できない

これ、意外と盲点でした。

iPhoneだと片手で持って、ある程度(というかほとんど)の操作が可能です。
バンカーリングやケース等の補助をつけるとさらに操作しやすくなります。

Apple Watchの場合、腕に固定されているので、見るだけなら片手でできますが、操作しようとすると、装着している腕を上げ、さらにもう片方の腕で操作しなければなりません。

片手が塞がっていると、Siriを使用した操作以外が非常に難しくなってしまいます。

充電を忘れると困る

毎日の充電を忘れると、ほぼ使い物になりません。

これは、意外と気をつかいます。充電は習慣化しなければなりません。

省電力モードはかなりバッテリーが持ちますが、サイドボタンを押さないと時計が表示されないので、あえて省電力モードで使うくらいなら、普通の腕時計を使う方が良いです。

個性がない

iPhoneだと同じものを使っている人がいても、なんとも思わないが、腕時計は別。

やはり個性がないと、と思います。

良い所

現状は実質、標準のマップしか無いが、ナビゲーションが意外と良い

歩行のナビゲーションはかなり良いと思います。

スマホよりもさっと見られて、通知もわかりやすいです。

ただ、歩きながら見るのは、歩きスマホよりも画面が小さく、注視すると視界がせまくなり、危険な気がしました。

曲の選択が意外と良い、プレイリストなどの選択も可能

曲の変更はApple Watchで可能です。

次の曲、前の曲や音量変更はもちろん、プレイリストの選択などもできます。

 通知を受けるのにはかなり良いです

通知で振動に気づいて、腕を上げると、自動て通知の内容まで表示してくれます。

見るだけでよければ、そのまま腕を降ろせばよく、必要であれば、iPhoneを取り出して返信なりすれば良いです。

バッテリーは、まあまあもつ

これも筆者の場合ですが、通常使用で、1日は余裕でした。

朝7時〜夜23時の使用でバッテリー残量は約50%。

使用頻度としては、以下のおおよそ以下のとおり

  • おおよそ30分に1回くらいの時間の確認
  • 1時間に1回くらいの通知
  • 一日に5回くらいiMessageのチェック
  • 一日に2回くらい、天気予報を見てみた

デザインはかなり良い

まあ、欲目です。

その他の気づいたこと

朝と夕方では腕の太さが違う

筆者の使用しているベルトは、リンクブレスレットです。

工具が不要とはいえ、簡単にベルトの長さを変更することができません。

腕の太さは(筆者の場合ですが)朝は細く、夕方には太くなっています(日中は腕が下がるので、浮腫むんですね)。

サイズ変更が難しいベルトの場合は要注意です。

まとめ(買ってよかったか)

答えは、「良かった」です。

特に通知の確認がとても楽になります。筆者は、数カ月後には、手放せない存在になると感じています。

結構な価格の商品ですが、相応の価値は感じました(主にデザイン面)。

腕時計としても最近は値段が上がっているので、まあ、許せる範囲かと思います。

不安な点としては、やはりバッテリー寿命。2年と言われているので、2年で買い替えとなると、少々高額な感じがします。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
netamono.では、記事についてのコメントを募集しています。 この記事について、何か気になるところがあれば、お気軽に下の掲示板、または、公式Twitterへどうぞ。
カテゴリー: Apple Watch, レビュー, 購入した パーマリンク