フランクリン自伝にみる「計画」と目標達成の方法



かなり前ですが、「フランクリン自伝 (岩波文庫)」を読みました。
その中で「これが『計画』だ!」と思った事があったので、その話。

十三徳

ここで、言う「フランクリン」は、ベンジャミン・フランクリンのことなのですが、その自伝の中に「十三徳」というものが出てきます。

詳細な説明は他に任せますが、この「十三徳」というのは、13個の身につけたい道徳のことで、フランクリンさんが、自分の中で決めた「あるべき姿」となっています。

それで、自伝には、この「十三徳」をマスターするために「こうやった」、というのが書かれているのですが、それが良く出来ているのです。

計画

「十三徳」をマスターするためには、一気にマスターするのではなく、順番にすこしずつマスターしようと考えたそうです。

具体的には、1週間毎に「十三徳」のうち、1つを重点的に注目してすすめ、13週で一巡する。そうすることで、一年間で4週できる、というものです。

また、毎晩その日を振り返り、過失を犯したことを記録していたそうです。

この、「いつ、どのようにやるか」と、「振り返り」というのが、計画的だと思いました。

「こんな事達成できるのか?」と思われる目標でも、どのようにすすめるか、と、振り返りを続けて行けば、いつか達成できるでしょう。

まとめ

「どのように進めるか」と「振り返り」をすることで、目標達成に確実に近づける。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
netamono.では、記事についてのコメントを募集しています。 この記事について、何か気になるところがあれば、お気軽に下の掲示板、または、公式Twitterへどうぞ。
カテゴリー: 仕事術, 思う事, 書籍 パーマリンク