ケンジントンの大玉トラックボール「Expert Mouse」



筆者は少し変わったマウスを使っています。

マウスと言うか、トラックボールなのですが・・・

これです。

ケンジントンのExpert Mouse。

これ、かなり前から発売されていて、根強いファンが居るようです。
ロングセラーですね。

特徴と良いところ

 大きいボール

写真を見ていただく分かりますが、大きめのボールが付いています。
大きいので重みがあり、とても転がし感を味わう事ができます。

重みはありますが、ボールの支えに人口ルビーが使われており、かなり滑らかに回ります。
素晴らしく滑らかです。

この滑らかさ、本当にすばらしいです。
何も無くてもコロコロしてしまいます。
はっきり言って仕事になりません。(嘘です。仕事は捗ります。)

重いので、惰性が使えるため、カーソルを長く移動させる場合に楽です。

逆に重いので、初動には少し力が必要な場合があります、「1ピクセルだけ移動したい」ような場合に、ちょっと困りますが、慣れると出来るようになります。

スクロールリング

ホイールマウスのホイールのように、ボールの周りにスクロールできる輪があります。

スクロールリングでのスクロールは、違和感無く、自然に使えるようになっています。

4つのボタン

標準状態では、左下が左クリック、右下が右クリック、左上が中ボタン(ホイールクリック)、右上が第4ボタン(戻る?ボタン)です。

筆者は、特にドライバをインストールせずに標準状態で使用しています。

良くないところ

スクロールリングが滑らかでない

これに尽きます。
回転させる度にガリガリと不快な感触が手に伝わってきます。

ただし、これは、使い続けることで「バリ」や「段差」が削れて滑らかになり、かなり改善されます。

高価である

一般的にマウスというと高い物で1万円くらい、安いものだと2千円くらいでしょうか。
このExpertMouseは、約1万円します。
高いです。

トラックボールの良いところ

最後にトラックボール全般に言える、良いところを紹介しましょう。

トラックボールなので、手首が疲れにくい

マウスに比べ、腕の移動量が少なくてすみます。
ある程度指先だけで操作ができるので、腕への負荷が少ないです。

カーソル移動とクリックが別

シビアなマウス操作をしているときに、クリックしようとして、カーソルが移動してしまった、という経験は無いでしょうか。

トラックボールなら、カーソル移動とクリックを独立して操作できるので、ボールで移動し一旦手を離してクリックのみ行なうことが可能です。

つまり、カーソルを移動せずにクリックすることが簡単にできます。

場所をとらない

マウスと違い、トラックボールは本体を移動しません。

ですので、コードが邪魔になったり、マウスを動かすスペースを確保する必要がありません。

これも、筆者がトラックボールを使う理由の一つです。

 最後に

最後はトラックボール全般の話題になってしまいましたが、最近はパソコンの画面も広く、マウスでの操作に限界を感じることも多いです。
トラックパッドも良いですが、やはり物理的に操作感のあるトラックボールは格別です。

少々高価ですが、一度試してみてはいかがでしょうか。

ケンジントンのExpertMouseを楽天で購入
ケンジントンのExpertMouseをAmazonで購入

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
netamono.では、記事についてのコメントを募集しています。 この記事について、何か気になるところがあれば、お気軽に下の掲示板、または、公式Twitterへどうぞ。
カテゴリー: ガジェット, レビュー, 購入した パーマリンク