コンデジ最強の組み合わせ?LUMIX DMC-FZ70とDMC-LX7



ちょっと、釣りっぽいタイトルになってしまいましたが、現在の筆者のお気に入りの組み合わせです。

本気で撮りに行くときは、普段使いのLX7に加え、FZ70も持って行きます。

今回は、この2台を組み合わせて使った時のメリットについて考察してゆきます。

それぞれの特徴は各レビューページでどうぞ。

LUMIX DMC-FZ70のレビュー

LUMIX DMC-LX7のレビュー

それぞれの長所が補間し合う

レビューにも書いていますが、それぞれ以下の長所と短所があります。

機種 長所 短所
FZ70
  • 超望遠
  • より広角
  • レンズが暗い
  • 本体が大きく普段は持ち歩けない
LX7
  • 明るいレンズ
  • 常に持ち歩きが可能
  • 広角
  • 望遠が90mm

見ていただくと分かると思いますが、それぞれの短所をもう片方の長所が補間するようになっています。

つまり、超望遠ならFZ70、室内のような暗い場所では、LX7という使い方ができます。

これなら、どんな場面でも撮りたい写真が撮れると思いませんか?

また、急に撮りたくなるような場面では、LX7でほとんどの場合に間に合います。

FZ70が必要となるような場面は、旅行やイベントだと思いますので、そのときだけ持って行けば良いのです。

 

どアップで撮りたいとか、特に大きなものを撮影したい場合には、FZ70。
こういう場合は、大抵が屋外で、しかも旅行やイベント。
奈良の大仏殿
鳶
鳥のアップ

突然撮りたい場面に遭遇した場合は、LX7で撮影。
大抵は、LX7で十分。
ハルカス
植物

両方持っている場合の撮影スタイル

デジカメ二台持ちという、珍しい(?)スタイルですが、撮影時に筆者がどのようにしているのかを紹介します。

筆者は、現地では、FZ70を首から下げて、LX7は手持ちです。

なのでLX7は、Panasonicの純正のハンドストラップを使用しています。
(ハンドストラップのレビューは、別途予定)

FZ70で撮影する時は、LX7を腕からぶら下げて、FZ70を両手持ちで撮影。

LX7で撮影するときは、そのままLX7で撮影。

どちらで撮影する場合もサッと撮影することができます。

まとめ

長所を組み合わせる事で、いろんなシーンに対応して撮影することができます。

また、撮りたいときに撮りたいように撮れる。ストレス無くとれるので撮影がとても楽しくなります。

複数のカメラを持つのはハードルが高いかもしれませんが、自分なりの組み合わせを見つけるのも楽しいですよ。

 

※今回使用している写真は、リサイズ、傾き補正、人物の顔のぼかし処理しています。

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
netamono.では、記事についてのコメントを募集しています。 この記事について、何か気になるところがあれば、お気軽に下の掲示板、または、公式Twitterへどうぞ。
カテゴリー: ガジェット, レビュー, 思う事, 購入した パーマリンク