書籍「仕事は楽しいかね?《最終講義》」の感想



書籍のレビューです。

どちらかというと、仕事は楽しいかね2の流れ。

今までと同様、小説形式で話が進み、マックスの教えを受ける事ができる。

内容としては、会社において、他の人よりも抜きん出た人材になるためには、どうすれば良いか、という議論が進んでゆく。

小説形式なので、読みやすく、会話の中に例を交えて説明されているので、具体的に分かりやすい。

ただ、全体通して同じテーマが続くので、前作や前々作のインパクトや内容の濃さと比べるとやはり物足りなさを感じる。

より深く理解するためと考えれば、読む価値はある。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
netamono.では、記事についてのコメントを募集しています。 この記事について、何か気になるところがあれば、お気軽に下の掲示板、または、公式Twitterへどうぞ。
カテゴリー: レビュー, 書籍 パーマリンク