OSXで日付を変えずにファイルを関連付けする方法



Mountain Lionになってから、だと思うのですが、OSXではファイルの関連づけ(「このアプリケーションで開く」)を変更すると変更日が変わってしまいます。

内容を変更していないのに、日付が変わると不便なので、日付を変更せずに関連付けを変更する方法を考えました。

同じ種類をすべて変更する場合にしか使えませんが、筆者が使う方法を紹介します。

通常の方法

関連付けを変更するには、ファイルを選択して

通常の方法で変更前

「ファイル」メニューから「情報を見る」(またはコマンド+I)を選択

情報を見るメニュー

「このアプリケーションで開く:」を変更し、同じ種類をすべて変更するには、「すべてを変更…」をクリックします。

このアプリケーションで開くを変更

この方法だと、最初に選んだファイルの更新日が変更されてしまいます。

通常の方法で変更後

変更日を変更しない方法

最初に、変更したいファイル(または、同じ種類のファイル)を選択し、

筆者の方法で変更前

「ファイル」メニューから「複製」(またはコマンド+D)を選択します。

複製メニュー

すると「〜のコピー」というファイルができるので、

コピー後

それに対して、「このアプリケーションで開く:」を行い、同じ種類を変更するので「すべてを変更…」をクリックすると、同じ種類のファイルの関連づけを変更することができます。

筆者の方法で変更後

最後に、最初にコピーしたファイルをゴミ箱に捨てれば、元通りです。

コピーの削除後

最後に

以上、非常に簡単ですが使える技だと思いましたので、ご紹介しました。

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
netamono.では、記事についてのコメントを募集しています。 この記事について、何か気になるところがあれば、お気軽に下の掲示板、または、公式Twitterへどうぞ。
カテゴリー: OSX パーマリンク